作詞の構成 ちょっと変わった構成 T-BOLAN Bye For Now

作詞の構成で・・・。

そう言えば、ちょっと珍しいかも知れないケースの構成の曲があるんです。
それが、ロックバンド・T-BOLANさんの曲、Bye For Now なんです。

出典/引用=http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=37165

これ、当初、視た時は、ただのサビが頭に来ている、よくある売れ線な造りの歌詞かと思ったら、そんな単純でもなさそうで。

第1印象!というべきか、サビが多い。
大半がサビの歌。で、Aメロであろう部分が2行で、2箇所しか無い造りで、そして前述の通りで後は全部サビ。

サビに移る際の、ブリッジとかとも言われる、Bメロに当たりそうな箇所が、青で囲った部分のわずかな2箇所ですが、それもAメロなフレーズにくっついているので、ブリッジのつもりだか純粋なAメロの一部なんだか、という印象で・・・。

これ、作詞も作曲も両方共、ヴォーカルの森友さんだから、森友さん自身がわざとそこまで意図しながら創った構成なのかどうかは知りませんが、ちょっと変わったパターンだなと。



しかし、この曲を知っている人ならですが、曲自体はすごく良い、カッコいい、ヒットした曲ですよ。
メディアムバラードというべきか、サウンドは厚めで重い感じの曲で、ヴォーカルも全編通してハイトーンを出しています。
かなりサビが多い曲だという印象の割には静と動、メリハリの効いた曲です。
聴いてみると、一見、AメロBメロが普通に在るかと錯覚する様な造りに聴こえるんです。

こういう構成で作れてカッコいい曲に仕上げられるのも、プロがなせる技かもしれませんが、作詞に慣れてきたら、この構成をある程度真似してちょっと変わった造りの曲に挑戦するのは面白いですよね。

windzblue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする