歌詞の書き始め・大雑把にでも構成を考える

作詞をやり始めのまだ初心者な段階の場合などは、普通の文章っぽい感じで書いてしまっていると、やってしまいがちな事かもしれませんが、
多くの方の作品を視ていると思う事ですが、歌詞として体を成せていないな・・・と思う事が多々あります。

大雑把には、多少まとまっている様な、区切りが付いている様な作品は見受けますが、行数や字数を見ると「ここからここまでが○○か?」と判らない事は多いです。

例えば、音楽の世界ではツーハーフとかいう言葉もありますが、ツーハーフならば、
Aメロ、Bメロ、サビ、Aメロ、Bメロ、サビ、ギターソロなどの間奏があって、更にその後に、Bメロがもう一つある場合と無い場合とがあって、最後のサビがあって終わり・・・という様な流れになりますが、こういうのが、よく見掛ける構成かもしれません。

構成というのは、この造り/形態の事ですが、作詞をやり始めの頃には、この構成を、大雑把にでも意識しながら書くのが良いでしょう。

どんな事を書くか?のテーマ決めも勿論大事ですが、何を書くか?が決まってツラツラと書き始めながらも、Aメロ、Bメロ、サビ・・・という構成、ブロック分けを始めから気にしながら書いていく方が、恐らく後々になって慌ててしんどい思いをしなくて済むはずなのです。




確かに、多分、作者の中では構成、ブロックに分けて書いている、そのつもりがあって書いているのだろうと想像する見ばの作品も多々あります。その意図が少なからず視えては来るのですが、傍目から視ていると、それが成せていないと視える作品は多いです。

最初のうちから少し大変かもしれませんが、しかし、初めのうちからその書き方で練習して鍛えてしまう方が楽ですし、慣れていく速さに差が出るはずでしょう・・・。


windzblue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする