売れ線ケースを一考する サビの急所の音階を跳ね上げる

この小見出しでは何の事か?分からないかと思いますが。
これは、作詞におけるテクニックというよりも、作曲における手法と言えそうですので、第2者目線な話ですが、
例えば・・・

J-POPバンドのZARDさんの有名なシングル曲「負けないで」という曲がありますが、
聴いた事があってよく覚えている人なら知っていると思いますが、赤で囲った「な」の部分の音程が、
その前の「は」の音程から半オクターブ以上くらいか、急に上がっています。

又、J-Rockヴォーカリストの氷室京介さんの大ヒットシングルの「Kiss Me」という曲ですが、
これも知っている人なら冒頭のサビの部分ですが、
「そのく“ち”びる」の部分と「こどく“な”夜」の部分ですが、これも、
その前の双方とも「く」の音程から半オクターブ以上くらいか、ポン!と上がっています。

これらの楽曲が世に出てくる前までは、そういう、急に音程が上がる様なメロディーラインの曲って、あまり見掛けた事が無かった気がするので、聴いていて結構新鮮な気がしました。が、
これがまた結構な売れ線を行っているメロディーのアレンジかと思います。




サビでこういう箇所があると、結構高揚します。

だからとて、作曲における方程式・・・かの様に捉えて、売れたかったらこういうメロディーに細工するというのは違うと思いますが、
これはこれで、売れ線に見られる一つのケースかと思います。


windzblue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする