作詞のネタ探し 少しだけお金がかかるバージョン

作詞のネタ探し。次は、少しだけお金がかかる編です。
これまた簡単に思いつく方法、カフェでドリンク1~2杯で1~2時間粘る事です。

今どきの都会のカフェといったら、ドリンク1杯500円ほどもかかるかもしれませんね。
偏見じゃありませんが、地方のショッピングモールのフードコートのドリンクコーナーならもうちょっと割安でしょう。
飲み物2杯程度で1000円ほどもかかるんですから、ちょっとした出費です。
なので、頑張って1時間くらいは居なければ割に合わない?かもしれません。

まぁそれはそれとして・・・。

夕方頃の、あまりお客さんで混んでないくらいのカフェで、ちょっとやらしい?事をするんですが、他のお客さんの会話が零れて聞こえてくるのを聞き取るんです。
「ただの盗み聞きじゃないか!」と言われそうですが、聞こうと思えば聞こえて来ちゃうものはしょうがないじゃないですか。自分はただ座っているだけですから・・・。

例えば、東京、渋谷の街の一角にある様な喫茶店で、テラス席なんかを選んで大きめなサイズのドリンクを注文して、その場では用も無いスマートフォンを片隅に置いて、スマートフォンをいじるでもなくメモ帳を片手にペンをちょこちょこと走らせると、それらしくなります。

そこで、もし例えば、近くの席に恋人同士が居たとして、その別れ話とか喧嘩に居合わせたりして・・・。
或いは、OLさんぽい人同士の世間話などから些細な材料も得られたりする場合もありましょう・・・。
そういう光景も、都会なら、決して珍しい光景でも無さそうだと思います。



テラス席なんかは外を行き交う人達の様子もネタになったりしますから、すぐ側を行き交う人の姿や話し声から様子を窺うとなると、わずか数秒のタイミングでしょうが、そういう細かい事の材料の収集が、結構大事なのですよ。

作詞の材料探しなんて、結構そんなもんですよ。

windzblue

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする